難聴の改善・治療方法

難聴について

難聴と一言にいっても、現れる症状や原因によって幾つかの種類に分けられます。
原因で分類すると、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴が代表的なものとして知られています。
また難聴で現れる症状にも度合いがあることを覚えておきましょう。
軽度から、中度、重度と分けられます。
軽度の場合は、小さい声が聞き取りにくく、通常の会話程度の声の大きさになると聞き間違えたり、聞き返したりする頻度が多くなるでしょう。
また、急性中耳炎などがきっかけとなってなる可能性が高いのが、伝音性難聴です。
これは、外耳、内耳、鼓膜に問題が生じたことに起因してなり得る難聴であり、長時間大きな音や音楽を聴くことによって引き起こされる音響難聴もこの伝音性難聴に含まれています。
混合性難聴とは、伝音性難聴と感音性難聴が混合している難聴のことであり、内耳性難聴と後迷路性難聴に分類されます。
これは内耳を含む神経系統の問題に起因して起こる難聴です。
中度になると、通常日常会話で話される程度の声の大きさを聞き取るのが難しくなるといわれています。
混合性難聴を患う人に会話を聞き取ってもらうには、大きな声を話すことを意識するか、耳元で話すことが必要でしょう。
重度になると、耳元で大きな声で話しかけても聞き取れない状態になり、さらに悪化して聴覚がほとんど失われた状態にもなる可能性があります。
このように、難聴といっても単純に音が聞き取りにくいという症状だけではありません。
原因や現れる症状によって、様々な種類に分けられています。

 

鉄分サプリや鉄分補給食品を上手に活用して貧血を改善